ポラロイドフィルム生産終了

このブログなどをお読みの方はすでにご存知だと思うが、ポラロイド社は2008年8月すべてのフィルムの生産を終了すると発表した。これは単純にフィルムの生産を終了するということではなく、現在稼動しているオランダやメキシコの工場を閉鎖するという内容なので、完全にフィルムの生産から撤退するということらしい。

すでにポラロイドでは2006年にフィルムカメラの生産を終了していたが、2000年以降SX70TZ(SX70フィルム・タイムゼロ)、TYPE500(ジョイカム用フィルム)、TYPE665(モノクロ高解像度フィルム)、TYPE85(TYPE665の4X5判)と次々にフィルムのラインナップの縮小をして行ったが、この流れを見て行くと発売開始時期が古く、販売量が落ち込んだものから順次やめて行っているような感じがする。

今回全種類のフィルムの生産を終了するに当たってポラロイドは「デジタル製品が市場に定着する中、インスタントフィルムの需要は減少を続けております。」 としているが、全工場の閉鎖を決断した背景には、単純にデジタルに押されてフィルムの販売量が減少しているというだけでなく、生産ラインを維持するための人件費を含む設備投資資金が金融機関から調達できなかったという事情があったのではないだろうか。もちろんこれは個人的な憶測に過ぎないが、プライムローン問題で多くの金融機関が多額の不良債権を抱え、ドルが下落している経済状況下では、フィルム生産など「将来性に明るい見通しがない」と見なされる事業に対していわゆる「貸し渋り」があっても不思議ではないと思う。

デジカメで撮影した画像のシャープネスや色味を加工して「ポラロイド風」に見せることは可能だが、それはあくまでも「ポラロイド風」の「デジタル画像」なのであって、撮影後のフィルムに徐々に画像が浮かび上がってくる感覚や、予想外の描写を体験できるわけではない。ポラロイドの魅力は独特の描写にあるという人は多く、確かにそれもあるが、むしろ画像が出てくるプロセスにこそ魅力があったのではないだろうか。20世紀の半ばに撮影してその場で画像が出てくる魔法のフィルムをアメリカ人は世に出したが、わずか半世紀後に経済的な理由から自らの手でそれを封印してしまった。やはりアメリカという国はどこかおかしくなっているのではないだろうか。

また、冷蔵庫のスペースが買い置きのフィルムで埋まってしまう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

更新停滞中

このブログは不定期更新と断っているが、このところ仕事がピークにかかっていてなかなか更新時間が取れないのと、風邪を引いてしまい更新する気力がないのとですっかり更新が停滞中。見に来ていただいている方には申し訳ない次第。そうこうしているうちにポラロイドのスペクトラフィルムが生産中止に(元々スペクトラは持っていないが)。ポラロイドはカメラ生産からの撤退後、徐々にフィルムのラインナップも縮小し始めたようだ。
というわけで次回の記事はポラロイドのSX70について。今週中にはアップの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味の写真

オジサンの昔話だが、大学時代は写真部に所属していた。1980年代の後半のことだ。大学は芸術系ではなかったので、写真部といってもカルチャーセンターの写真講座と同じ趣味の集まりである。当時、大学写真部にはまだ70年代の雰囲気が残っていて、モノクロのドキュメンタリーっぽい作品が正統派だとされていた。自分はそうした雰囲気に少し反発したい気分もあって、敢えてモノクロプリントにペインティングしてみたりポラロイドや二眼レフで撮影したりしていた。まあ、やってることは今とあまり変わっていない。進歩がないとも言えるが当時から趣味としての写真の楽しみ方を模索していたとも言える。自分は写真を撮る(というより作品を作ること)は好きだったが、それを職業にすることは考えたことがなかった。突き詰めれば写真とは自己表現であり、それは注文を受けて撮影する写真とは別物と考えているからだ。仕事としての写真とは別にプライベートな時間に趣味の写真を撮るのであれば職業がカメラマンや写真家である必要はない(フィルム代や交通費を必要経費として計上できたり、取材と絡めて自分の好きなモノを撮りに行けるといったメリットはあるのだろうが)。
趣味とは好き嫌いの世界だから自分が面白いと思うやり方で取り組めばいいと思う。カメラはデジカメでも銀塩でもポラロイドでもクラシックカメラでもトイカメラでも大判でも中判でも何でもいい。しかし、ビギナーがこれから写真を始めようとした時に撮影機材が特定のメーカーのデジタルカメラしか選択できなかったとしたら写真の表現としての面白さは大きく失われてしまうだろうと思う。今、カメラメーカーやフィルムメーカーに是非やって欲しいのは、写真という映像媒体が持っている多様な表現スタイルの提案である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの画像を更新

 あまり他所のBBSなどに行って宣伝とかはしていないのだが、アクセス数が200を超えてから、そこそこのペースでアクセスが上がって来ているようだ。
 今までは携帯に付いているカメラで適当に撮った画像をサムネール表示させていたが結構見づらかったのでデジタル一眼レフで撮影し直して再アップした。ピンボケやブレた画像がなくなり、かなり見やすくなったと思う。ちなみに撮影に使ったのはCanon EOS10DにM42マウントアダプターで旧東ドイツ製のPentaflex-Color 50mm F2.8レンズを装着したもの。撮影台を段ボールで自作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)