« 2016年2月 | トップページ

Fujifilm Finepix S1 Pro用マグニファイヤー

 またまた久しぶりの更新です。現在富士フイルムではレンズ交換式のデジカメとしてミラーレスタイプのXシリーズというのを展開していますが、10年ほど前にはミラーとペンタプリズムを持つ一眼レフタイプのデジカメを出していました。S1〜S3 ProとS5 Proの4機種です。
 S5 Proは撮像素子のサイズが少し大きくなりましたが、いずれもAPS-Cサイズでした。昨年、勤務先から廃棄処分になるS1 Proをもらって来て、ぼちぼち使っています。
 このブログは「アナログラボ」というタイトルなのでデジタル一眼レフカメラの話題はテーマ外なのですが、今回は光学ファインダーについての話です。ミラーレスカメラのいわゆる「ライブビュー」ファインダーが登場するまでは、撮影される画像に最も近いイメージを得られるのは一眼レフタイプの光学ファインダーでした(プロ用のビデオカメラでライブビューファインダーを持つ機種はありましたが)。光学ファインダーの見え具合はおおよそ次の条件で決まってきます。
 1)ピントグラスの透過率
 レンズから入ってミラーで反射した光線はミラーの真上にあるピントグラス(スクリーンとも言います)に像を結びます。このときガラスに凹凸が無く平らな状態だと、ピントのぼけ具合がわかりにくいので、非常に細かい凹凸を付けてやります。しかし凹凸を付けすぎると光線が乱反射してファインダーで見られる画像が暗くなってしまい、暗い場所での撮影時にピントが合わせにくくなります。ピントが確認しやすく、しかも明るいファインダーを各社工夫していたのです。
 2)視野率
 カメラのカタログやネット上のメーカーのサイトのカメラの仕様などで視野率98%とか書いてあるあれです。フィルム(デジカメの場合は撮像素子)に映る映像の何パーセントをファインダー上で確認できるかを示しています。一眼レフは映る画像をそのままファインダーで見れるのでは?と思われる方もいると思いますが、実は100%の視野率を持つファインダーを持つ機種はそれほど多くありません。一眼レフカメラはボディの上にペンタプリズムという三角のおむすびのような出っ張りがありますが、あの中にはガラスの固まりから削り出したプリズムが入っていますが、視野率を100%にしようとすると、ペンタプリズムをかなり大きくしなければならず、かなりコストがかかります。撮影時には画面の端のぎりぎりまで見ていることはあまりないので、コストを下げたり少しでも小型化するために98〜95%くらいに納めていることが多いのです。デジカメのビューファインダーは撮像素子に映っている映像をそのままモニターやビューファインダーに映しているので基本的には100%です。
 3)ファインダー倍率
 これは少し難しいのですが、見える範囲が視野率だとすると、ファインダー上で見える大きさがファインダー倍率となります。倍率が大きい方が大きく拡大されてマニュアルでピントを確認する場合などは楽なのですが、倍率が高すぎると画面の中央部分しか見えなくなってファインダーの中を上下左右目玉を動かさないといけなくなるのです。見やすいファインダーの例を挙げますとニコンF4が0.75倍、ミノルタのα9が0.73倍、キヤノンEOS 1Vが0.73倍(いずれも視野率100%)などです。
 説明が長くなりましたが、話をS1 Proに戻しましょう。実はS1 ProはニコンのF60という銀塩カメラの中級機をベースにして作られています。F60の仕様をネットで見ると視野率が約90%で倍率は0.69〜0.74倍だそうです。うちにはF60もあるんで実際に見てもそんな感じであります。
 だが、しかし、S1 Proのファインダーを見ると、とても元が同じカメラとは思えないくらい小さい。えーとこれはF60が35ミリフィルム用カメラでデジカメで言うとフルサイズだけど、S1 ProはAPS-Cサイズなので、倍率はそのままで視野率を小さくしたってこと?(そうですよね富士フイルムさんw) ニコンのAF-SニッコールDタイプのレンズでAFが使えますが、古いレンズを付けた時に困ります。
 ということで、ここでいよいよ本題です。ニコンのアクセサリーでファインダー像を拡大できる(=ファインダー倍率を上げる)アイテムで「マグニファイヤー」というのがあります。ファインダーの接眼部分の形はS1 ProもF60も同じなので、F60用のアクセサリーを流用できます。探してみるとDK21Mというのがあるんですが、無駄に大きいとか、暗くなるとかあまり評判が良くありません。丸形の接眼部だとDK17Mという丸い拡大レンズだけみたいなのがあって、これの評判がとても良いのです。ただ丸形なのでS1 Proの角形の接眼部には着かない。で接眼部にくっつけられるDK22という枠だけのアクセサリーがあってこれに丸窓があるんですがDK17Mの径より少し小さいので削って無理矢理DK17Mをくっつけましたという改造の話。
 よそ様のブログなんかを見ると結構簡単そうなんですが、電動のルーターを使いましたが真円に削って行くのは結構大変で時間もかかりました。スマートで格好いいんですが,
2015年にDK22タイプの接眼部にそのままDK17Mを装着できるNEPS1てアクセサリーが出たそうで、こっち買った方が良かったかも。見た目は気に入ってますが。
 しかしファインダー内の撮影は難しいですなあ。
上の方がマグニファイヤー無しの状態で下の画像がマグニファイヤー装着状態です。
Img_9537_3

Img_9538_2

Img_9544

| | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ