« 遠藤志岐子 針穴写真展 「水の流れる町で~その3~」 | トップページ | 40年前のヘッドホン »

2010年10月時点での8ミリ関連の状況

先週は武蔵小金井で行われた8ミリ映画上映イベント「パーソナルフォーカス 2010」に行ってきた。今週は10/10、11日の両日に「シネヴィス・シネマ」という上映会もある。

で、たまたま上映会に行って8ミリに興味を持った方がいるかもしれないので、8ミリの現状について自分が分かる範囲の情報をまとめてみた。

1)フィルムについて
富士フイルム シングル8フィルム
R25N、RT200Nともに新規生産は終了
RT200Nは平成22年5月の最終出荷で販売終了
R25Nのみ在庫分を販売中だが平成24年3月の最終出荷で販売終了
また、現像サービスは平成25年9月で終了

コダック スーパー8フィルム
エクタクローム64T生産、販売終了
現在カラーリバーサルフィルムはエクタクローム100D、モノクロはトライXのみ生産販売中
エクタクローム100D(の感度)には、国産のほとんどのカメラが対応してそう 今までのエクタクロームと違ってデイライトタイプなのでカメラの内蔵フィルターは解除すること

スーパー8の現像は国内ではどこに依頼してもすべてレトロ通販で一括処理なので、直接レトロ通販に依頼したほうが早い
製造が終了しているコダクローム40、25は現像方式が異なるため国内では現像不可で、コダックの直営現像所での処理も終了し、U.S.Aのドウェインズフォトでのみ現像受付しているが、今年の12月30日で終了
http://www.dwaynesphoto.com/
生産終了分のエクタクローム(VNF、64T)の現像は現行の100Dと同じC6処理なので、レトロ通販に依頼できるが、上記ドウェインズフォトにまとめて依頼した方が安上がり
なお、シングル8のR25N、スーパー8のエクタクローム全種類はすべてC6処理なので、ドイツ製の「テテナール」という自家現像キットで自家現像が可能

2)カメラ、映写機
8ミリカメラ、8ミリ映写機は、全メーカーでサポート終了
(エルモ社は16ミリのサポートも昨年8月までで終了)

数年前まで銀塩カメラを製造しているメーカー(富士、キャノン、ニコンなど)のサービスセンターに直接持ち込んで修理依頼すると、一応受付だけはしてくれる場合があったが(受付してもパーツがない等の理由で修理はしてくれなかった)、8ミリ関連製品については現在は持ち込んでも門前払いされる

8ミリの修理業者は千葉の宍映一社のみ
http://shishiei.sakura.ne.jp/index.html
元々業務用16ミリの修理がメインなので、8ミリだと修理期間が長く(半年待ちは普通)料金もかなり高い(らしい) ライキナやボリューなどの超高級機以外は完動品を新たに購入した方が安くつく場合がほとんど
映写機のサウンド系の不調は宍映に修理に出しても完治しない場合があるらしい(エルモGS1200など)

てなわけで、いろいろ大変ですが、東京では撮影や自家現像ワークショップなどもやっているので、自分一人で一から始めようとしなければ意外と敷居は低かったりする。

|

« 遠藤志岐子 針穴写真展 「水の流れる町で~その3~」 | トップページ | 40年前のヘッドホン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年10月時点での8ミリ関連の状況:

« 遠藤志岐子 針穴写真展 「水の流れる町で~その3~」 | トップページ | 40年前のヘッドホン »