« ハリアナシャシンテン/横浜みなと町ギャラリー | トップページ | 魅惑のコンタックスTシリーズ »

フジ フォトラマ ミスターハンディ改造ピンホールカメラ

先日ハリアナ写真展でフジのインスタントカメラ(一般的にインスタントカメラのことを「ポラ」と呼ぶが、フジのポラカメラというと変なので)を改造されたカメラを見て、なんとなくフジのも欲しいな(ポラロイドのは、360という古い蛇腹のカメラをピンホールに改造したのを持っている)と思っていたところ、JRの本千葉と千葉駅の中間くらいにあったカメラ店で、フジのフォトラマ ミスターハンディ(ネットで調べたらミスターハンディ・シリーズはいくつかバリエーションがあるようだが、購入したのはただの「ミスターハンディ」でレンズは110mm F14の固定焦点のもの。他にAF、MF、MFデートの3機種があるらしい)のジャンク品が500円だったのでダメモトで買ってみた。画像のように畳むとあたかもSX70のようにフラットになるが、単純にゴム製の変な形の蛇腹(?)を伸ばしているだけで、SX70のようにカメラ内でミラーを使って光路を反射させたり凝ったことをしているわけではない。

Mrhandy_01

Mrhandy_02

フィルムはISO800のFI-800GTという自家現像タイプのが現行品で使用できる。フィルム自体は正方形だが上下に余白があり、画面サイズは69×91mmの長方形。

Mrhandy_03

ピンホールカメラとして改造が必要なのは以下の点。
1)暗いところでは自動的に内蔵フラッシュが発光してしまうため、フラッシュを発光させないようにする(発光してもピンホールでの撮影自体には支障はないが電池がムダに消費されるので)
2)シャッターを開放状態(バルブ)にするかシャッター羽根を取り外す
3)絞り羽根を取り外す
4)レンズを外してピンホールを付ける
5)三脚に固定できるようにする(三脚穴が付いていなかったので)

まず、フラッシュを発光させないように改造。カメラの上部カバーはネジ4本で固定されている。ネジは左右2本と、ストラップの固定部分とフィルム室側に各1本。ネジをすべてはずして隙間をこじるようにするとわりと簡単に開く。内蔵フラッシュユニットはネジを1本はずして固定の爪をマイナスの精密ドライバーではずすと手前に引き出せるので左右どちらかのリード線をカットする(本来はコンデンサーの配線をカットした方が良いのだがコンデンサーの場所がわからなかった)。カバーを戻す場合は中央が浮きやすいので注意。真ん中が浮き上がっているとその部分が接触しカメラを撮影状態に立ち上げできなくなる。
次にシャッターだが、レンズ側のカバーは左右のネジ2本をはずし、下の溝にマイナスドライバーを差し込んでやるとこれまた簡単にはずれる。カバーの下にはレンズバリアのユニットがあるのでネジ2本をはずすとレンズが出てくる。はじめはせっかくあるこのレンズバリアをシャッター代わりに手動で開閉できるように改造しようかと思ったのだが構造的に遮光性に不安があったのでやめることにした。レンズはねじ込まれた状態で接着固定されているので、無理やり反時計回りにねじって外す。レンズの固定部分とシャッター/絞りユニットは一体構造になっている。ネジ2本でユニットが外れ、4箇所の固定爪にマイナスドライバーを差し込むとシャッターと絞りがむきだしになる。固定爪は変形しやすいので慎重に。シャッターも絞りも可動するピンに乗っているだけなので逆さにすると全部取れる。固定爪を差し込んでユニットを戻す。
さて、この状態で動作をチェックするとシャッターは動くがフィルムの給送が行われない状態になった。15分ほどいろいろと触っていたらなんと画像の黒いケーブルが外れてしまった。すると偶然にもシャッターボタンを押すとフィルム給送だけされるようになったのだった。これも写真の神様のご利益に違いない(日ごろから結構お布施をしているからか?)。

Mrhandy_04

後は、レンズバリアのユニットとカバーを戻してシャッター代わりに黒のパーマセルテープを張っておしまい。三脚穴の加工はまた後日とする。
シャッターボタンを押すとフィルムを給送するモーターが動作するが、何度か押さないと動作しないこともあって若干不安定なのだが、撮影にはさほど支障ないと思う。三脚が使えないので机の上のスタンプを撮影してみた。露出は蛍光灯下で3分である。ポラロイドの600フィルムなどに比べると発色が非常にナチュラルで蛍光灯下特有の色カブリも抑えられていてすごくいい感じだ。ピールアパートタイプでもフジのはポラロイドのに比べて発色がナチュラルなので全体的にそういう傾向なのだろう。独特の発色が欲しい人には向かないが、忠実な色再現が欲しい人にはフジの方が向いていると思う。

Mrhandy_05

|

« ハリアナシャシンテン/横浜みなと町ギャラリー | トップページ | 魅惑のコンタックスTシリーズ »

コメント

こんばんわ。このフォトラマ、かっこいいですね。
富士のインスタントも味わってみようと思いました。
早速ヤフオク見てます。
MacもWinも使う両刀流としては、インスタントカメラも両刀流になりたいです。

投稿: Kudar! | 2008年6月14日 (土) 23時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フジ フォトラマ ミスターハンディ改造ピンホールカメラ:

« ハリアナシャシンテン/横浜みなと町ギャラリー | トップページ | 魅惑のコンタックスTシリーズ »