« 東京8ミリシネ倶楽部1月例会 | トップページ | Polaroid195+ケンコー クローズアップレンズ »

Polaroid 195+Type 665フィルム

Polaroid195

 今日は買ってからなかなか撮影する機会がなかったPolaroid 195と、ピールアパートフィルム(ポラホルガなどでも使用する撮影後現像したら裏紙をはがすタイプのフィルム)のType665という絶版のモノクロフィルムの組み合わせで撮影してみた。なぜなかなか撮影できなかったかと言うと、カメラの最短撮影距離が1mなので、いつものように室内でのブツ撮りができなかったのと、Type665フィルムはピールアパートフィルムの中でもネガが作れるちょっと特殊なフィルムで、撮影後の処理が少し面倒だからだ。

20070204_01

 先にPolaroid 195について少し説明すると、1975年に発売された、日本の富岡光学(現在は京セラの関連会社で京セラオプティックという)製のトミノン114mm F3.8のテッサータイプのレンズが付いたプロ向けのポラロイドカメラで、前年に発売された190との違いは、連動距離計付きファインダーがツアイス・イコン製のパララックス補正付き(パララックス補正とは、レンズとファインダーがずれているために近距離だとファインダー像とレンズで撮影される像のずれが大きくなってしまうので、そのずれ=視差を補正する機能のこと)から、自社製のパララックス補正のないものに変更されたことだけ。例によってオークションで落札したものだが、元のファインダーはぶつけたか何かしたようで上部に凹みがあったので、ジャンクだった廉価版のPolaroid 350カメラから同じツアイス・イコン製のファインダーを外して付け替えてある。なのでこの195は外見的には190と同じになっている。
 問題のType 665フィルムだが、現像後に無水亜硫酸ソーダ溶液に浸して処理する必要があるのだが、無水亜硫酸ソーダ溶液なるもの、名前からして少しヤバそうな印象で撮影場所まで持って行くのもちょっと気が引ける代物だ(元々ポラロイドのこのシリーズはストロボを使ったスタジオ撮影で露出をチェックするためのカメラで野外撮影向けではなかったのだ)。ポラロイドのサイトやいくつかのサイトを回ってみたところ、数時間であれば水に浸しておくのでも大丈夫らしいことがわかった。そこで密閉できるタッパー容器に少しだけ水を入れ、撮影後のフィルムはウエットティッシュで挟んでタッパーに入れ、家に戻ってから無水亜硫酸ソーダ溶液で処理することにした(無水亜硫酸ソーダ溶液に浸した場合は72時間放置してもOKだそーだ)。

20070204_02

 撮影後のネガを、大量の水や溶液に直接入れた場合、ネガの裏側の黒い薄膜がふやけて剥がれてきて液の中に散乱し溶液が非常に汚くなるのだが、上記の方法だと薄膜をウエットティッシュごときれいに剥がせるので液が汚れないという利点もある。ちなみに無水亜硫酸ソーダは大きなカメラ量販店で500g入りが300円くらい。溶液は18%なので、500gを3等分して1/3を1リットルの水に溶かせばいい。液温は18〜24℃で処理時間は1分。ネガ同士が触れ合わないよう1枚ずつ処理するといいらしい。処理後は水で洗浄する。溶液はかなりヌルヌルしているので、ネガの端を触ってヌルヌルが取れればOK。この時に急いでネガをこすったりすると傷ができてしまうので注意が必要だ(やってしまった)。洗浄後はムラのないように乾燥させるため富士のドライウェルを使った。ピールアパートフィルムは、カメラからフィルムを引き出すのに少しコツが必要で、今日は使用途中のフィルムだったので最初の4枚くらいは引き出しに失敗して現像ムラになってしまった。このタイプのフィルムはワンパック(10枚)を一気に使い切らないとダメでケチケチすると却って無駄が多くなるようだ。
 乾燥が終了したネガは、同時プリントを注文した時にもらえるサービスサイズ用プリントホルダーにきれいに収まる。ネガを剥がす時にできるプリントはあまりきれいではないし諧調の再現も良くないので自分は処分してしまっている(通常のポラロイドフィルムではこちらを残すのだが)。もったいない気もするが、これをスキャンしてもあまり良い画像は得られないのだ。
 ネガをルーペで観察すると画面の隅まで非常にシャープで、噂通り富岡光学製レンズが優秀であることが良くわかった。後日撮影した画像もアップする予定。

|

« 東京8ミリシネ倶楽部1月例会 | トップページ | Polaroid195+ケンコー クローズアップレンズ »

コメント

とても参考になりました、195の姿も久しぶりです。先日185が某オ-クションに即決価格120000で出ていました、購入を考え40000円まで入札金額を入れましたが、ネットオークションリスクが大きいし今までの80や300も飾るだけでしたので付属品ごと格安にて処分致しましたし70もグリコのおまけみたいですぐに飽きました(70ファンの方には悪いですがあくまで私感ですのでご容赦願います)今は350を大事に致して居りよく散歩に連れまわっております。あと355.430.320.230.100ets部品取りに隠してあります、185欲しかったですが思いとどまって良かったのかなーと感じてます。350裏蓋の現像タイマーが使えなくなりましてまいりましたが、メイドイン台湾製ですがPOLAROID QUARTZ34mm×44mm厚さ9㎜程の物が手に入りましたので重宝致しております。私の手元にPOLAROID製かぶせ式フイルター(内径46.4mm)赤と黒が有りますが取り付けるカメラのタイプが判明いたしません、185は41mmですので違うみたいです。どなたか必要な方にと思っております、取り付け機種が分かればどなたかお教え下さい。

投稿: うーたろう | 2010年1月12日 (火) 15時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Polaroid 195+Type 665フィルム:

« 東京8ミリシネ倶楽部1月例会 | トップページ | Polaroid195+ケンコー クローズアップレンズ »